日本一寒暖の差がある場所はどこ?

日本一寒暖の差がある場所はどこ?


 しばらくぶりで、東西南北何でも日本一に投稿したいと思います。

 さて今日は、日本一寒暖の差が激しい・・・・・つまり年間を通じ夏と冬との気温差ですが、地球温暖化が叫ばれて久しいのですが、おそらくこの気温差は当分破られないのではないかと言われています。

 実は気象台での公式な記録ではないのですが、昭和6年1月27日になんと、マイナス41.5度を記録した場所があります。

 これは旭川が持っている公式な最低気温マイナス41度より0.5度も低いのです。

 では、この場所の最高気温はいくつだったのでしょう、少し記録が古くなりますが、時代は大正9年7月25日に何と36度を記録しました。

 つまり、この温度差何と・・・・・77.5度!!!!

すごい気温差です、ではその場所とはどこでしょうか・・






 そもそもご存じのように、大陸性気象は寒暖の差が激しいことは承知と思いますが、特に日中と夜との気温差も激しいですね。

 もったいぶっても仕方がありませんが、薄々感じた方もお出ででしょう。

 それは、やはり北海道ですね、この気温差77.5を記録した場所(町)とは北海道のほとんど中央に位置する『美深』(びぶか)です。

 しかしすごい気温差ですね、上記で地球温暖化の話をしましたが、それを考えればしばらくの間はこの記録が破られないといわれていますね。

 皆さんも日本地図広げて、この北海道の『美深』探してみてくださいね、天塩山地と北見山地に囲まれていますよ。

 しばらくぶりの日本地図イラスト、東西南北何でも日本一でした


ではまた・・・・・・


Powered by さくらのブログ
トライアルセット